<石川車突入殺人>初公判で被告が殺意否認 金沢地裁(毎日新聞)

 石川県白山市の秋祭り会場に乗用車で突入してカマで無差別に切りつけ、1人をはねて殺害、6人に重軽傷を負わせたとして、殺人などの罪に問われた住所不定、無職、新井敏明被告(44)に対する初公判が22日、金沢地裁(神坂尚裁判長)であった。新井被告は「殺意はない」と起訴内容の一部を否認した。弁護人は傷害致死罪の適用などを主張した。

 金沢地検は逮捕後間もなく鑑定留置を簡裁に請求し「完全責任能力がある」との精神鑑定結果が出たため、09年1月に起訴した。

 公判前整理手続きで、争点は殺意と責任能力の有無に絞られた。弁護人は「動機にあいまいな点が多い」として新たな精神鑑定を申請し認められており、今後、実施される。

 起訴状によると、新井被告は祭りの関係者から悪口を言われたと思い込んで、08年9月13日夜、同市鶴来桑島町の秋祭り会場に車で突っ込み、カマで切りつけ、祭りに参加していた近くの建設業手伝い、岡田陽平さん(当時30歳)をはねて殺害したり、他の祭り関係者にけがをさせた、とされる。

【関連ニュース】
白山の秋祭り殺傷:争点は殺意と責任能力 22日に初公判 /石川
石川・白山の秋祭り殺傷:被告が殺意否定−−金沢地裁初公判

<天皇、皇后両陛下>ハゼの世界展鑑賞 国立科学博物館で(毎日新聞)
衆院選前、資金に困窮=居候、選挙近づき事務所開設−民主・小林千代美議員側(時事通信)
<クルーズ船>世界最大級「クイーン・メリー2」が長崎寄港(毎日新聞)
【静かな有事】第3部 逆転の発想(5)共生できるか「外国人労働者」(産経新聞)
<火災>住宅の一室焼け、女性死亡 大阪・西成(毎日新聞)
[PR]
by qq8rj3z2ip | 2010-02-24 05:37
<< 団地で火災、女性死亡=男性重体... 【党首討論詳報】(5) 谷垣氏... >>