<伊方原発>3号機で微量の蒸気漏れ発見 放射能漏れはなし(毎日新聞)

 プルサーマル発電の試運転中の四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町、加圧水型、89万キロワット)で5日、発電のタービンから出た水蒸気の水分を除いたり蒸気を加熱する加熱器に付属する配管内で微量の蒸気が漏れているのが見つかった。愛媛県が同日発表した。蒸気に放射能は含まれておらず、弁を増し締めすると蒸気漏れは止まった。放射能漏れはなく、プルサーマルの日程に影響はないという。

 加熱器は、タービンから出た水蒸気の水分を除去し、別のタービンを回すために蒸気をさらに加熱する湿分分離加熱器。この加熱器から高温の水が流れる配管内で蒸気などを止める弁の先にあるタンク付近で5日午前4時45分ごろ、漏れだしたとみられる水蒸気があるのを作業員が発見した。配管の弁を増し締めしたところ、8時間後に漏れが止まった。弁にほこりがはさまるなどの原因で、きちんと閉まっていなかったと考えられるという。【柳楽未来】

【関連ニュース】
伊方原発:プルサーマル試運転 3号機の発電再開
プルサーマル発電:伊方原発3号機が起動 国内2例目
プルサーマル発電:伊方原発3号機「臨界」に
プルサーマル計画:伊方原発3号機で送電開始へ
四国電力:伊方原発3号機 MOX燃料取り付け作業始める

海渡くん虐待死の継父、静岡で強盗事件…再逮捕(読売新聞)
外国たばこ、値上げ認可=財務省−マールボロ340円に(時事通信)
博多の商店街で10店舗焼ける=通信障害も、けが人なし−福岡(時事通信)
原口総務相 新人議員向けの勉強会開く(毎日新聞)
警報下のマラソン開催は妥当=石原都知事(時事通信)
[PR]
by qq8rj3z2ip | 2010-03-06 15:35
<< 徳島商サッカー部員、スポーツ用... <桜開花日>数日早まる予想 日... >>